男性の薄毛対策に有効なAGA治療とは?

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。
男性が思春期以降に発症する進行性の脱毛症のことです。
いわゆるハゲ・薄毛のことですね。

ハゲ・薄毛に悩む人には一般的な名称になってきていると思います。

AGAは放っておいて治るということはなく、進行していきます。
しかし、治療法ができたためにAGAを抑え、さらには発毛を促進することもできるようになりました。

それは科学によってAGAの原因が特定でき、治療法が確立されたためです。

スポンサーリンク

AGAの原因

AGAはの原因は、遺伝や男性ホルモンの影響と考えられています。
男性ホルモンと言っても一般的に有名な男性ホルモンテストステロンが原因なわけではありません。

AGAは、男性ホルモン「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化してしまうことで発症するのです。
そして、「ジヒドロテストステロン(DHT)」は「5α-リダクターゼ」という酵素によってテストステロンから作られるということが分かりました。

ハゲ・薄毛にもいろいろと原因があるわけですね。

AGA対策

原因が分かったので、AGA対策(ハゲ・薄毛対策)には5αリダクターゼの制御であるということが分かったわけです。
原因が分かったことにより対処法がわかり、治療法が分かりました。

AGAの治療薬や治療方法が確立されたことで、医療機関(病院で)で適切な治療を受けられるようになったわけです。

それまでは民間療法的なものしかなかったわけですが、科学的な治療ができたのです。

AGA治療薬

AGA治療薬は主に以下の2つです。

フィナステリド(プロペシア)

経口タイプのAGA治療薬です。
もともとは前立腺肥大や前立腺ガンの治療薬として開発された医薬品でした。
その後、毛髪の成長が見られることが明らかにされ発毛剤としての用途が広がったものです。

酵素「5α-リダクターゼ」が男性ホルモン「テストステロン」に働きかけ、「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換してしまうのを防ぐ効果があります。
「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成そのものを阻害することにより、抜け毛のもとを遮断することができるというわけです。

フィナステリドは、「プロペシア」という商品名で日本で提供されています。

プロペシアは多くのAGA治療医院で利用されています。

ミノキシジル

ミノキシジルには外用薬と内服薬があります。

元々は高血圧の経口薬とし用いられていたのですが、髪を育成する効果が発見されされました。

ミノキシジルは毛母細胞に直接働きかけ、血流を増やす作用があります。
血流を増やすことにより、毛根に栄養が多くいきわたり、髪の成長を促進するものです。

日本で一般用医薬品として大正製薬から販売されているリアップにも含まれています。

ミノキシジルはフィナステリドと併用すると効果的と言われます。

  • フィナステリド⇒ 「薄毛の進行を食い止める」
  • ミノキシジルのみ使用 ⇒ 「発毛促進はしている」

効果が違うので併用することにより、薄毛の進行を食い止めつつ発毛促進するということですね。

注意点

こう聞くとこれさえあれば、髪がふさふさになると思ってしまうかもしれません。
しかし、フィナステリド(プロペシア)にもミノキシジルにも副作用があります。

したがって、勝手に服用することは危険です。

必ず専門の医療機関で、治療を受けるようにしてください。

薄毛治療・AGA治療専門クリニック

今ではAGA治療専門のクリニックも増えてきています。
このようなAGA治療専門に行っているところは、初回カウンセリングが無料のところが多いです。
もし、薄毛が気になるのであれば、一度無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

全国のAGA治療専門クリニックは以下をご覧ください。

全国の薄毛治療・AGA治療専門医院一覧はこちら

スポンサーリンク