AGA治療薬 プロペシアの副作用は?

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。
男性が思春期以降に発症する進行性の脱毛症のことです。
いわゆるハゲ・薄毛のことですね。

現在では科学によってAGAの原因が特定でき、AGA治療法が確立されています。
AGA治療もメジャーになってきてますね。

とはいえ、AGA治療に興味はあるけど、副作用も気になるところです。

AGA治療の内服薬である「プロペシア」について調べてみると、一般的には副作用の発生率と非常に低いと言われています
健康状態が良好な人に関しては、著明な副作用はないようです。

とはいえ、医薬品を使用するので、間違った用法や規定量を超えて使用した場合に副作用が出る可能性はあり得ます。

スポンサーリンク

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用には性欲減退や勃起不全などがあります。

そう聞くと不安になりますね。
でも、正しい用法や規定量を守っていれば、ほとんど副作用が出る事はありません
発症率は0.4%程度とも言われています。

ただし、間違った用法や量だと危険性が上がってしまいます。
個人輸入で海外から購入して使用している人などは、特に注意が必要です。
プロペシアを飲む量を増やしたからと言って、早く薄毛が改善するというわけではありません。

正しい用法用量を守ることが大切です。

AGA治療専門クリニックで治療しましょう

専門の医院で治療を受けるのが一番です。

一般的な皮膚科でもAGA治療は受けられるのですが、普通の皮膚科医院はAGAのことをあまり知らない可能性があります。
やはり

専門医院であれば、カウンセリングや血液検査なども行ってくれたりするので、その人に合った治療を行ってもらえます。

悩むのであれば、まずはAGA治療専門クリニックの無料カウンセリングなどを受けてみるとよいと思います。
プロペシアなどの治療薬の副作用についてもきっちりと聞き、安心して治療を受けられるクリニックを選ぶことも大切です。

治療の効果だけでなく副作用などのネガティブな情報も教えてくれるクリニックを選ぶとよいでしょう。

スポンサーリンク