知っておくべき!AGA治療の副作用

AGAによる薄気で悩んでいる人にとって、AGA治療は気になる治療ではないでしょうか。

市販の育毛剤を使っても効果がない場合には、AGA専門のクリニックで適切な治療を行うことで、進行を遅らせたり、発毛を促すこともできます。

AGAは遺伝や男性ホルモン、また食事や生活習慣、血行不良などいくつかの要因によって引き起こされます。

スポンサーリンク

薄毛のタイプ

このうち、男性ホルモンが原因で起こる薄毛の特徴として、生え際が後退するM型の薄毛があります。
M型は、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという酵素によって、ジヒドロテストステロンへと変化します。このジヒドロテストステロンがヘアサイクルを乱し、丈夫な髪の毛に育つ前に抜けてしまい、薄毛になってしまいます。

一方頭頂部が薄くなるO型の薄毛は、頭皮の血行不良が原因となって髪の毛に栄養が行き渡らなくなり、抜けてしまいます。このように、AGAの原因はさまざまで、原因や症状にあった治療薬を使用する必要があります。

生え際が薄くなるM型の場合には、フィナステリドという薬剤が効果的と考えられています。
フィナステリドを主成分とするプロペシアは、もともと前立腺肥大症の治療薬として開発された薬剤ですが、偶然に発毛効果があると確認され、AGA治療薬として使用されるようになったものです。

一方、頭頂部が薄くなるO型の場合、ミノキシジルという薬剤が効果的で、もともと血圧降下剤として開発されていたものです。こちらも投薬の結果発毛効果が確認され、頭皮に塗布する外用薬として使用されるようになりました。

AGA治療薬の副作用は?

ただどちらもメリットのある薬ですが、一方で副作用もあります。

プロペシアの副作用には、性欲減退や勃起不全、また精子の減少といった男性機能の低下があります。
ミノキシジルには、胸の傷みや動悸、塗布した箇所のかぶれといった副作用があり、また心臓に疾患のある人や高血圧症の人は、医師に相談する必要があります。

このような副作用もあるので、AGA治療で使用する場合には注意が必要です。

またM型とO型の複合型の薄毛の人は、AGA治療でプロペシアとミノキシジルを同時に使用するケースもあり、副作用が心配な場合もありますから、きちんと医師の指示を仰ぐことが重要となります。

AGA治療は健康保険が適用されないため、長期間治療を続けると金銭的な負担が大きくなります。
そのため、通信販売などでAGA治療薬を購入することで費用を抑えることができますが、注意しないといけないといけません。
偽薬も多く出回っているため、効果がないものや副作用があり、体に害を与えるようなものも出回っているので安易に手を出すのは控えるべきです。

やはりAGA治療を行う場合は、専門の病院に行くことをおすすめします。

全国のAGA治療専門病院の一覧はこちら

スポンサーリンク