AGA治療を始めて育毛を促進しよう!

近年増加しているAGAとは男性型脱毛症のことで、遺伝や男性ホルモンが原因の薄毛や抜け毛のことです。

主な原因の一つなのが男性ホルモンです。
テストステロンがジヒドロテストステロンに変化することによって、丈夫な髪の毛が生える前に、抜けてしまうために抜け毛が増えてしまいます。

近年、ストレスや食生活の影響によって、AGAを発症する人が増えています。
ストレスなどが原因の場合には、原因を解消したり、食事や生活習慣を改善することで、抜け毛を解消することは可能です。
ただ、重度のAGAの場合には、市販の育毛剤などではあまり効果がないので、AGA専門のクリニックで、適切なAGA治療を行うのが効果的です。

スポンサーリンク

AGA治療とは

AGAは、生え際や頭頂部が薄くなるのが特徴で、生え際が薄くなるM型の薄毛は、男性ホルモンのテストステロンが酵素によってジヒドロテストステロンに変換されたことによって、発毛サイクルが乱れることで起こります。

一方、頭頂部が薄くなるO型の薄毛は、頭皮の血行不良によって、髪の毛に栄養が行き渡らなくなることが主な原因となり、それぞれの症状によって、治療法は変わってきます。

AGA治療の具体的な内容は、植毛、外用薬、内服薬といった療法があり、治療法を誤らなければ、比較的高い治療効果を期待することができます。

AGA治療薬として現在注目されているのが、フィナステリドとミノキシジルです。
フィナステリドを主成分とするプロペシアは、M型に効果的で、ジヒドロテストステロンの作用を抑制することで、育毛し、発毛サイクルを正常に保ちます。

一方ミノキシジルは、O型に効果的で、頭皮の血行を活発にすることで、発毛・育毛を促進していきます。

ただどちらにも副作用があり、プロペシアの副作用には、性欲減退や勃起不全、精子数の減少といった、男性機能の低下があります。
ミノキシジルの副作用には、胸の痛みや動悸などがあり、心臓に疾患がある人や高血圧の人は、医師に相談することが必要となります。

AGAは進行性の薄毛ですから、何も対策をしないで放っておくと抜け毛が進んでしまいます。できるだけ早期に治療を行えば、発毛・育毛することが可能ですから、抜け毛が気になりだしたら一度AGA治療を行っているクリニックを受診してみるとよいでしょう。

AGA治療の専門クリニックでは無料カウンセリングを実施しているところもあります。
まずはお近くのクリニックで無料カウンセリングを受けていてはいかがでしょうか。

全国のAGA治療専門病院の一覧はこちら

スポンサーリンク