治療費は返ってくるの?AGA治療と医療費控除について

AGAの症状としては、20代や30代という若い世代でも徐々に額が後退したり、頭頂部が薄くなるなど、薄毛が進行するのが特徴です。

生え際が後退するM型の薄毛は、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素によって、ジヒドロテストステロンに変換されて、発毛サイクルが乱れることで起こります。

一方、後頭部が薄くなるO型薄毛は、頭皮の血行不良によって、毛髪に栄養が行き渡らなくなることで起こります。
そのため、症状に応じてAGA治療方法は違ってきます。

スポンサーリンク

代表的なAGA治療

AGA治療の代表的なものは、フィナステリドを主成分としたプロペシアミノキシジルを主成分としたリアップです。

プロペシアを服用することで、M型に効果を発揮します。
プロペシアは、男性ホルモンのジヒドロテストステロンの作用を抑制する働きをするため、発毛サイクルを正常にし、抜け毛を防ぎます。

ミノキシジルは、血行を活発にする働きがあるため、血行不良によっておこる頭頂部の薄毛に効果的です。
もともとミノキシジルは、血圧降下剤として開発された薬剤で、フィナステリドは前立腺肥大症の治療薬として開発された薬です。どちらも投薬の結果、偶然に発毛効果が確認されたもので、最近になってAGA治療の薬として使用されるようになったものです。

ただどちらも薬ですから、副作用があり、プロペシアを服用することで、性欲減退や勃起不全などの男性機能の低下がみられることもあり、ミノキシジルは胸の痛みや動悸などが起こることもあるので、使用の際には、医師や薬剤師に相談する必要があります。

またAGA治療にかかる治療費は、基本的に自由診療となり、健康保険の適用外となります。
これは、頭髪専門病院は一般の病院とは治療内容も異なり、治療費も変わってくるためです。
治療薬の費用だけでなく、治療薬を適切に服用するための診察や調剤、服薬指導などにかかる費用もすべて自己負担となり、健康保険は適用されず、AGA治療によっての治療費には金銭的な負担が大きくなります。

AGA治療でも使える医療費控除

そこで利用したいのが、医療費控除という制度です。

医療費控除とは 、生計を同じくしている家族のために医療費を支払った場合、一定の金額を国が保証して返金するという制度で、1年間に支払った医療費の合計が10万円以上になった場合に医療費控除が受けられます。

育毛剤で医薬品と認められているのは、フィナステリドとミノキシジルです。
この2つは医学的に効果があると認められているため、医療費控除の対象となります。
ただ注意しないといけないのは、美容目的のAGA治療は医療費控除対象外となるので、あくまでもAGA治療目的であると判断されることが重要となります。

スポンサーリンク