薄毛・ハゲはどれくらい治る?AGA治療で得られる効果

薄毛に悩んでいる男性にとって、AGA治療を行うことでどれくらいの効果が期待できるのかというのは気になるところだと思われます。

しかし、悩んでいたとしてもなかなかAGA治療専門クリニックの門をたたくのには勇気がいることだったりするため、多くの人が市販の育毛剤や育毛サロンでかつらやウィッグ、増毛などで対策をしています。

ただ、育毛剤や発毛薬には効果の出方に個人差があるため、人によっては全く効果が期待できずにただ高いお金だけを払い続けているのはもったいないといえます。

AGA治療では、薄毛の原因を追究してそれぞれ患者さん一人一人に適した方法で治療を行っていくのですが、始めて治療を受ける場合には、どんな治療を行っていくのか不安に思われる人も多いと思います。

AGAとは男性型脱毛症のことを指しますが、そのメカニズムについてはあまり詳しく知らないという人もいるのではないでしょうか。

男性ホルモンであるテストステロンは、前頭部や頭頂部などに多いとされる還元酵素、5αーリダクターゼによってDHT(ジヒドロテストステロン)に変わると、男性ホルモン受容体と結合して脱毛因子を生成します。

この脱毛因子によって頭皮に脱毛命令が下って薄毛や抜け毛が増えていくことが考えられます。

そこで、AGA治療ではAGAの原因となる還元酵素を抑制し、DHTを生成するしないようにします。

ただ、それだけでは発毛してくることはないので、血管拡張作用のあるミノキシジルの服用をすることで頭皮や髪の毛に酸素や栄養素が運ばれて髪が育ちやすい環境を作っていくのです。

けれども、AGA治療を始めたからといって数週間で完全に薄毛改善効果が期待できるというわけではありません。
長い間正常なヘアサイクルが行われずに弱ってしまった頭皮や毛根というのは活力を失っている状態でもあるので、まずは毛根や頭皮に活力を取り戻させて健康な状態にする必要があるのです。

毛根や頭皮を元気にして、強くて太い安定した髪の毛を生やすまでにはある程度の時間が必要ですが、それぞれのAGAの原因と突き止めてその人に合ったAGA治療をしていくことで確実に改善効果を得ることができるのです。

AGA治療を始めるのは30代や40代の中高年からと思われていますが、実は軽度な状態の時に早期治療を始めることが結果的にこれ以上AGAを進行させない一歩となります。

市販の育毛剤やかつらなどで髪の毛や頭皮をいたずらにいじめて発毛や育毛を遅らせ、毛根や頭皮をさらに弱らせるくらいであれば、薄毛の進行状態が取り返しのつかないほど深刻になる前に早めに治療を受けるのが髪の健康にとって最適な方法と言えるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク