Harg療法を用いたAGA治療とは? 専門病院一覧

Harg療法は、これまで男性型脱毛症に利用されてきたAGA治療とは異なるアプローチで、発毛を促すことのできる手術のひとつです。

従来のAGA治療はプロペシア(フィナステリド製剤)ミノキシジルといった医薬品成分を含む投薬治療が主でした。

これまでのAGA治療は症状の進行を抑えたり育毛を促すことで一定の効果を見込めるものの、AGA治療の副作用のデメリットも存在するため敬遠していた人も少なくありません。
また、既往症によって利用できない人、男性専用ということから女性は諦めざるを得ないこともあり、全ての人がAGA治療で一定の恩恵を受けられたというわけでもないのです。

そこに登場したのがHarg療法で、数十種類または数百種類の成長因子をカクテルした薬液を用意し、頭皮下に注入することで、これまで眠っていた幹細胞に刺激を与え従来のAGA治療とは違う方法で発毛を促進させ薄毛を改善します。

本来、毛根から髪の毛が成長するには、寿命というものがほとんどなく、生涯ずっと毛髪は生えてくるものと言われています。
しかし、男性型脱毛症など何らかの理由によって成長するための細胞が非活性化して、生え替わりや成長が止まることで薄毛となりますが、Harg療法では休止してしまった細胞を活性化させることが目的となります。

注入する成長因子には幹細胞から抽出したタンパクAAPEを用い、同時にシスチンやビタミンなど育毛に良いとされる栄養素を含んでいます。
これを注入することで、成長することをやめてしまった毛母細胞を活性化させ、健康だったころの頭皮を復活させます。
Harg療法は細胞そのものを活性化させるため、これまでのAGA治療のように性別に関係なく、さらに円形脱毛症やその他の症状でも高い効果が見込めると言われています。

Harg療法が開始されたのが2007年頃からで、その間には複数の臨床試験が行われ、安全性や発毛実績が確かなものと確認されているのが特徴です。
頭皮下に注入するため副作用や拒絶反応が気になるかと思いますが、特にそういった問題はなく、発毛率は99%を超え、早い人なら1ヶ月ほどで効果が実感できると言われています。

なお手術に対しての痛みも少なくする手法もあり、1回の手術で30分もかからず終了するため、仕事の合間にでも治療を受けることが可能です。
年齢による制限はありませんが、若ければ若いほど効果が実感しやすいと言われているので、薄毛が気になったら早めの処置を受けるのが良いとされています。

HARG療法は認定された医療機関でしか受けられません。
認定医療機関の一覧は下記をご覧ください。

HARG療法を行っているクリニック一覧

北海道

札幌中央クリニック

東北

仙台中央クリニック

関東

水戸中央美容整形クリニック

大宮中央クリニック

ガーデンクリニック 池袋院

四谷ローズクリニック

川崎中央クリニック

横浜中央クリニック

中部

静岡中央クリニック

名古屋中央クリニック

関西

大阪梅田中央クリニック

神戸中央クリニック

中国・四国

岡山中央クリニック

広島中央クリニック

九州・沖縄

福岡三井中央クリニック

鹿児島三井中央クリニック

スポンサーリンク
スポンサーリンク