男性ホルモンバランスと薄毛治療の関係

10~30代の男性が薄毛になった場合は男性型脱毛症(AGA)を発症している可能性があります。
男性型脱毛症(AGA)は病気ではなく脱毛症の1つで、早い人は10代から脱毛が始まり次第に薄毛になります。

若い世代だけでなく40代以降の中高年男性にも見られる症状で、日本人男性の約3割が男性型脱毛症を発症していると考えられています。
抜け毛が増えたと感じた時からAGA治療を開始すれば、初期症状の内に防止することが出来ます。
なお、この薄毛治療を行わずに自然に元に戻るということはありません。

では、なぜ男性型脱毛症(AGA)を発症するのでしょうか。

スポンサーリンク

男性系脱毛症(AGA)の原因

脱毛症の原因を探る場合は、まず毛髪のメカニズムから知る必要があります。
私達の頭髪は毎日100本程度自然に抜け落ちています。
これはヘアサイクル又は髪の生え変わりと呼ばれるもので通常は心配がありません。

頭髪は発毛してから数年かけて成長し脱毛するサイクルを繰り返しているからです。
しかし、男性型脱毛症になると細くて短い頭髪が増えてきます。
これは発毛した毛髪が成長しないまま抜け落ちてしまうからです。

成長しない毛髪は産毛のような状態となり地肌が透けて見えたり禿げて見えたりするのです。
ヘアサイクルの異常は、男性ホルモンと頭皮から分泌される酵素が深く関係しています。

男性ホルモンは骨や筋肉を強くしたり、体の調子を整えたりする働きをしています。

しかし、男性ホルモンは頭皮から分泌される酵素に強く反応すると毛髪の成長を阻害するホルモンに変化してしまいます。

男性型脱毛症は、酵素の影響を受けて変化した男性ホルモンが原因で起こるのです。

この場合は、薬によって酵素の分泌を抑えて頭皮の血行を促す薄毛治療が行われます。
また、壮年性脱毛症は40代以降の男性が発症する脱毛症です。

壮年性脱毛症は男性ホルモンの分泌量と関係があります。40代を過ぎると分泌される男性ホルモンの量が次第に減少していき、ホルモンバランスが乱れるようになります。

ホルモンバランスが乱れ、毛根に栄養が行きわたらなくなります。栄養不足となった頭髪は成長できずに抜けてしまいます。
するとヘアサイクルが正常に行われなくなり薄毛になります。

壮年性脱毛症は、毛根に栄養が行きわたるように血行を促し発毛して成長させる薄毛治療が行われます。
壮年性脱毛症は男性ホルモンが減少したことと関係しているので、男性ホルモンを補充する薄毛治療が行われることもあります。

薄毛治療・AGA治療を受ける時は、皮膚科や薄毛治療専門の医師と相談することをお勧めします。

全国の薄毛治療・AGA治療専門病院の一覧はこちら

スポンサーリンク