体質や症状に合わせて使い分ける!薄毛治療に適した育毛剤の選び方

薄毛は見た目も老けたものとなり、少なからずその人の印象に影響します。

「薄毛は治せる」と言われるようになり、薄毛治療に関心を持つ人も増えてきました。
昨今、薄毛治療にもさまざまな方法が出てきました。
薄毛治療のために病院へ通うこともごく一般的なこととなってきています。

そんな中、手軽な育毛剤による薄毛治療を希望する人も多く、世の中には数多くの育毛剤が出回っています。

CMで宣伝しているもの、ネット広告で度々見かけるもの、中には日本では未承認の成分が使用されており、輸入によってしか手に入らないもの、などなど。
これだけ多くの種類の育毛剤の中から、どうすれば自分にあったものを見つけられるのか、選び方に悩んでいる方も多いことでしょう。
育毛剤による薄毛治療の効果を得るために重要となる選び方をご存知ですか。

まずは、自分の薄毛がどのタイプに当てはまるのか確認しましょう。
原因は、大きく二つに分けられます。

(1)AGA(男性型脱毛症)

薄毛のほとんどの原因を占めると言われてます。
思春期以降に、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなり、それが進行していくのが特徴です。
男性ホルモンの影響が遺伝が原因と言われています。

(2)生活習慣の乱れによる脱毛

運動不足、偏った食事、喫煙習慣などが原因のタイプです。
運動不足で頭皮が硬い人などは、血行不良が考えられます。
血行不良を起こすと、毛根まで栄養が行き渡らなかったり、老廃物が溜まるなどの原因となり、抜け毛へと繋がります。
たばこに含まれるニコチンは、血管を収縮さえ、頭皮の血行不良を起こし、抜け毛の原因になると言われています。
また、偏った食生活により、毛髪の成長に必要な栄養素を十分に摂取できていない可能性もあります。

育毛剤の種類

次に、育毛剤の種類を確認しましょう。

男性ホルモン抑制効果のあるタイプ

AGAはジヒドロテストステロンという物質により引き起こされることをご存知の方も多いかもしれませんが、このジヒドロテストステロンを生み出すのは男性ホルモンです。
この物質を抑え込むことを目的としたものです。

血行不良改善を目的とするタイプ

髪には血液によって栄養が送られています。
頭部の毛細血管を拡げたり、血流を良くすることで、髪にスムーズに栄養を送ることを目的としたものです。

毛根の細胞に直接働きかけ健康な髪を生み出すことを目的としたタイプ

毛穴に汚れや皮脂が詰まっていたりと、毛根の状態が悪ければ、健康な髪は生えてきません。
このタイプは、毛根部分の細胞を健康にするための成分が含まれています。

薄毛治療には、まず自分の薄毛のタイプを知り、それに合った育毛剤を見つけるという選び方を心掛けたいものです。

薄毛の原因を把握し、効果的な薄毛対策・薄毛治療を行いましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク