ハゲネタでトレンディエンジェルがM-1優勝

5年ぶりに開催された漫才コンテスト「M-1グランプリ2015」でトレンディエンジェルが優勝しましたね。

ハゲ・薄毛を強みにした、トレンディエンジェルの優勝はうれしい限りです。

スポンサーリンク

トレンディエンジェルとは

トレンディエンジェルといえば、「斎藤 司」と「たかし」の2人組の漫才コンビ。

2人ともがハゲていてハゲネタが多い漫才コンビですね。
「チェケラッチョ、ハゲラッチョ」というハゲネタも有名ですね。

私が推奨する潔い坊主とは違い、中途半端な髪の状態にしていてよりハゲが目立ちます。
そしてそれを笑いに変える姿は素晴らしいですね。
坊主にすることの方が逃げているような気にもなってしまいました。

同じハゲ仲間としては、トレンディエンジェルが優勝したことは喜ばしいことです。
まさに「ハゲ」という本来「弱み」となりそうな特徴を、笑いのネタにすることで「強み」に変えたよい例です。

一見弱みを思えることも、違う角度から見たら強みに変わります。
あくまでも「ハゲ」「薄毛」という特徴があるだけ。
もちろんAGA治療などで、薄毛対策するというのも一つの手ですが、「ハゲ」「薄毛」を強みに変えて、トレンディエンジェルのように明るく生きるてもあるんですよね。

⇒ハゲの強みと弱みについてはこちら

スポンサーリンク