AGA治療に効果的なミノキシジルの効果・効能

AGA治療で使う薬としてはプロペシアとともに、ミノキシジルもよく使われます。
そのミノキシジルの効果・効能について紹介します。

その前にいわゆる薄毛についても見ていきたいともいます。

スポンサーリンク

薄毛は病気なのか?

AGAは男性型脱毛症です。
文字だけ見ると病気みたいですね。

頭髪は摂取した栄養素を生命活動を維持するために使用した後の残りで構成されている部分です。なので、全てを無くしてしまったとしても健康に対しての直接的な影響はありません。

ですので、いわゆる薄毛の人でも健康状態は極めて良好という人も多いわけです。

では、薄毛は何も問題がないかというと、社会的な影響は嫌でも受けてしまいます。
頭髪は見た目を左右する決定的なポイントであり、薄毛は実際の年齢よりも老けて見られてしまうからです。

特に、男性の薄毛は生え際と頭頂部に集中して進行するのが特徴で、側頭部や後頭部は健康的な状態をキープしているというタイプが大部分を占めています。
このために、薄くなっている部分が強調される様な形になるので、見た目の印象が悪くなるケースがあるわけです。

そのため薄毛に悩む人が多いわけですね。

AGAの原因

このような男性の薄毛は、男性ホルモンのテストステロンが変化したDHT(ジヒドロテストステロン)が原因の症状で、日本人男性の場合は約3人に一人の割合で発症します。

このDHTが原因で進行する脱毛症のことはAGAと呼ばれており、既にプロペシアという内服薬が開発されており、高確率で進行を止めることが可能となっています。
DHTの生産に関与している還元酵素の活性を阻害するという内容で、頭髪の成長サイクルが正常な状態に回復するために、薄毛も自然と回復することになります。

ただし、このAGA治療薬のプロペシアは、頭髪や頭皮への直接的な効果は何もありません。
このために、AGAが発症してから長期間が経過した様な場合は、思う様な効果は得られないケースがあります。

これは、DHTの影響により頭皮の皮脂の分泌量が増加しているために、毛根が塞がれてしまい機能しなくなっているからです。
AGA治療薬のプロペシアは、毛根の機能を修復する様な作用はないので、この様な状態から回復させることは出来ません。

AGA治療薬のミノキシジル

この様にAGA治療薬のプロペシアで回復できない症状に対しては、ミノキシジルという外用薬が効果的です。
このミノキシジルは、アメリカで20年以上脱毛症の治療に使用されてきた歴史を持っており、毛乳頭細胞と毛母細胞という頭髪の成長に関与している組織を活性化するという作用があります。

また、ミノキシジルはAGA治療薬のプロペシアとは作用機序が異なるので、併用することが可能という点も重要なポイントです。
AGA治療薬のプロペシアにより抜け毛を防止した後に、ミノキシジルにより発毛を促進するという内容となります。

このAGA治療薬のプロペシアとミノキシジルを併用するという方法は、脱毛防止と育毛の両方の効果を得られるという点がメリットとなっています。

このようにプロペシアやミノキシジルを使うAGA治療は発毛効果が高いといわれています。
なお、AGA治療を行うのであれば普通の皮膚科ではなく専門クリニックの方がよいです。

AGA治療を専門に行っているクリニックでは、無料カウンセリングも行っています。
もし、AGA治療に興味があるのであればまずは無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

全国のAGA治療専門クリニックはこちら

スポンサーリンク