育毛サロンと薄毛治療クリニックの違いとは?

薄毛対策も色々とありますが、薄毛治療・AGA治療クリニックと育毛サロンの違いが気になる方も多いと思います。

薄毛治療クリニックと育毛サロンの違いは薬剤を使用するかどうかということになります。
具体的にそれぞれの違いをご紹介します。

スポンサーリンク

育毛サロンの場合

育毛サロンはお医者さんがいないため薬剤を処方することができないため医療的な治療を施すことができません。

医療機関ではない育毛サロンは、内服薬だけでなく外用薬についても使用することができませんので、頭皮の血液の流れを改善するため頭皮のマッサージを施したり、毛穴の皮脂の詰まりを解消するシャンプーなどを行います。
そして、医薬成分を含んでいないクリームを使って頭皮を保湿して毛根に栄養を届けて育毛を行ったりもしています。

育毛サロンで行えることは、あくまでも育毛だけで、髪の毛を生えるようにすることではありません。

育毛とは、今生えている成長期の髪の毛を太く健康に育てあげて、今生えている髪の毛が、すぐに抜けてしまわないように、環境を整えることになります。

薄毛治療・AGA治療専門クリニックの場合

医療機関で治療する場合は、育毛だけでなく、髪の毛を生えるようにすることが目的です。

薄毛治療クリニックの治療は医薬品を使用するのが中心になります。
薄毛治療クリニックは、カウンセリングを受けることにより、その人の薄毛の症状に適している治療を施されます。
治療の方法についても内服薬だけでなく、ホルモン剤を注射したりといった医療機関だからこそできる方法が多くなります。

薄毛治療クリニックの治療は、医療機関によって違いますが、最初にカウンセリングを行って、食生活や生活習慣、遺伝などの状況を伺っていきます。
そして、薄毛の具合や髪質、頭皮のコンディションを調べていき、その人に適した内服薬や外用薬を使って治療を施していきます。

他にも、薄毛の具合や診察を受けた人の希望で、頭皮の血液の流れを改善するのにマッサージを施したり、頭皮に注射でホルモン剤を注入することもあります。

内服薬を飲み始めたら、定期的に内服薬を処方してもらい、その都度髪の毛が生えてくる効果を確認するという流れで治療を行います。

薄毛治療クリニックは保険に適応していないため、治療内容により出費がかさむこともあります。
前もって、どんな治療をいくらぐらいで施してもらえるかについて問合せておくと安心して治療を受けることができます。

育毛サロンと薄毛治療クリニックはお医者さんが処方した医薬品を使うことができるかが違いとなりますので、積極的に治療を受けたい場合は薄毛治療クリニックで治療を受ける方が効果的です。
しかし、保険に適応しない自由診療がほとんどなので治療費については問合せて知っておいてから治療を受けると良いです。

全国の薄毛治療・AGA治療専門病院はこちら

スポンサーリンク