薄毛治療効果がUPする!頭皮に優しい正しいシャンプー法

薄毛への対策方法として薄毛治療がありますが、治療を受けただけで改善できることがある一方、なかなか改善されないケースもあります。

改善傾向が見られない場合は薄毛治療の効果を高める為の工夫も行ってみることが大切ですが、そのひとつとして正しいシャンプーによる頭皮ケアが挙げられます。

薄毛治療を受けても髪の毛の成長の地盤となる頭皮環境が良くないようでは治療効果も低くなってしまいます。
治療を成功させる為には健全な頭皮環境であることも大切ですので、その為にもシャンプー方法から見直してみることも必要なのです。

洗い方のポイントとしてはまず過剰な刺激を与えないようにして洗うことです。
地肌を刺激することは薄毛治療の効果を高めることにもなりますが、しかしながら過度の刺激は逆効果です。

例えば力を込めてごしごしと洗うようなやり方は良くありません。
強く擦ってしまうことで頭皮を硬くしてしまい、血流を悪くしてしまう原因になります。血流が悪くなれば薄毛治療の効果が落ちてしまうのも必然ですので、力を入れて擦ってしまう傾向があるようなら注意が必要です。

優しく洗う為の方法として、マッサージをするような感覚で洗うことも大切です。
揉むようにして洗うことによって適度な刺激を与えながら洗うことができますし、さらにはマッサージ効果で血行の促進にもなりますので薄毛治療の効果も高めることができることでしょう。

使用するシャンプー剤にも気を配る必要がありますが、鉄則は自分の頭皮に合った物を使用することです。
頭皮に合わない物ですと地肌を傷めてしまう原因になり、却って抜け毛を促進してしまう恐れがあります。
無理に使用を続けてしまうと余計に薄毛がひどくなってしまう可能性もありますので、自身の頭皮との相性を確認しながら選んでいくことが大切です。

洗う前にはクシ通しをしておくのも洗い方のポイントです。
クシ通しをしておくメリットとしてまず汚れ落ちが良くなります。
クシによってある程度の汚れが落ちますので、シャンプーをした時にもスッキリ汚れを落とせるようになります。

また、泡立ちに関しても良くなりますので、泡立てる為に無用に擦ったりする必要もなくなりますし、それによって地肌への負担も小さくすることができるのです。
髪の毛の絡みを解消するという意味でもクシ通しは大切です。髪の毛が絡んでいると洗っている時にも指が引っ掛かってしまい、無理に引っ張られてしまいます。それは頭皮にとって良くありませんので、予めクシで絡みを取り除いておく必要があるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク